00-2 SSH(スーパーサイエンスハイスクール) Feed

2022年9月30日 (金)

1年SSH ~ミニ課題研究発表会予選~

1年生は、SS探究の時間にミニ課題研究を行ってきました。

4人1組で、「紙飛行機について」や、「トイレットペーパーの長さについて」などの課題の研究を夏以降取り組んできました。

今日はその課題研究の発表を、各クラスで行いました。

発表や研究内容をみんなで評価をし、上位2名が本戦に進みます。

写真下:発表の様子

Dsc017491

Dsc017581

Dsc017621

どのグループも、工夫されたよい発表だったと思います。

今回の発表で気づいたことを今後の研究に生かしてください。

そして、各クラスで選ばれた上位2グループのみなさん、次も頑張ってください。

2022年9月27日 (火)

実験・検証中! 〜1年生 ミニ課題研究〜

SSH(スーパーサイエンスハイスクール)に指定されている本校。

1年生は、入学当初から毎週金曜日、課題研究に必要なスキルを身につける学びを積み重ねてきました。7月からは「ミニ課題研究」に取り組んでいます。

身につけたスキルを使って「まずは(取り組みやすく簡略化した)課題研究にチャレンジしてみよう」というコンセプトで、実施しているこの取り組み。

生徒たちは四苦八苦しつつ、グループで協力しながらテーマ設定、仮説立て、実験・検証、まとめと進めてきました。

Photo

Photo_2

Photo_3

研究のまとめは、Wordで作成。

Photo_4

9月30日、研究成果を披露する「課題研究発表会(予選)」を実施して、プレゼン能力の向上を図ります(10月には、各学級の代表グループによる本選を実施)。

各グループ、どのような発表をするか楽しみです!

2022年7月29日 (金)

KSWの取り組み~Konan Science Week~

1年生の夏季課外に欠かせないのは、SS探究Ⅰの内容を深める「Konan Science Week」。

 -通称、KSWです。

1学期に学んできたデータ収集やキーワード検索の仕方を身につけるべく、夏季課外の間毎日2コマを使って研究に役立つ様々な活動を行います。

前半の課外中に取り組んだことは↓

 ・論理的・批判的思考力養成講座

 ・統計講座

 ・統計グラフコンクールポスターのテーマ決め  etc...

普段の授業よりも深く、研究に必要な知識・技能を学ぶことができました。


前半の夏季課外の最終日となる本日は、鹿児島大学の研究室訪問。

Img_20220729_132956写真上:志水教授の研究室は、農学部所有の農園を見ながら集合

2~3人で研究室に直接うかがって、研究の内容や方法、学生生活について教えていただきました。

Img_20220729_145252写真:宮田准教授の研究室では、実際の器具(クリーンベンチ)で作業体験!

Img_20220729_133433写真:坂巻准教授の研究室で、害虫学について話を聞く生徒

大学で行われている研究の高度な内容に、生徒たちは一生懸命目や耳を使って理解しようとしていました。


「研究で失敗してもくじけないメンタルを、どうやって身につけたらいいか」。

質問コーナーで出てきたとある1年生の疑問に、宮田准教授は研究者としての姿勢をお話してくれました。

「研究の8割は失敗する。ではなぜ失敗したのか、単に事実を見つめて分析して、次の成功に繋げていく気持ちが大事です。」

夏季課外後半では、いよいよミニ課題研究に取り組みます。

今回の研究室訪問で、研究する上での思考力や方法についてたくさん学びがありました。

1年生諸君、失敗しても次の成功に繋げる気持ちを持って頑張ろう!

2022年7月25日 (月)

SS探究Ⅱ 最終報告会 

20日(水)午前中、3年生のSS探究Ⅱの最終報告会がありました。

今回は、熱中症対策・新型コロナウイルス対策により、zoomによる配信で行いました。

写真下 発表の様子

E82f3221cba446dfa30192bf7bd8c681

5af5f9ec4fe942fb81018a7f76de827c

写真下:各教室の様子

Win_20220720_09_42_19_pro_2

化学分野、生物分野、地学分野、社会科学分野の代表がそれぞれ発表を行いました。

発表の後の質疑応答では、たくさんの質問がありました。

生徒からは「すごく勉強になった」「新しい発見があった」等の声がありました。

1・2年生は、今回の発表を参考に、自分の研究をよりよいものにしていきましょう。

2022年6月25日 (土)

より深い学びのために 〜研究を知る講座〜

6月24日(金)午後、SSH事業の一環である「研究を知る講座」を1年生対象に行いました。

これは、大学の先生の専門的な講義を聴くことで科学の奥深さや面白さを知り、科学への興味関心を高めて、科学に対する視野を広げることを目的としています。また、進路意識を高めることも目的としています。

今回、鹿児島大学から9人、鹿屋体育大学から1人の計10人の先生をお招きしました。

生徒たちは、10講義の中から興味関心のあるものを2つ選択して聴講しました(1講義50分)。

講義テーマ・講師及び講義の様子は、次の通りです。


1「マウスの音声コミュニケーションから探る脳と行動の研究」

菅野康太先生(鹿児島大学法文学部准教授)

20220624_04

20220624_02_2

2「居住学について」

黒光貴峰先生(鹿児島大学教育学部准教授)

20220624_06

20220624_05

3「理学部から医薬品開発を考える 〜タンパク質から作られるバイオ医薬品〜 」

伊東祐二先生(鹿児島大学理学部教授)

20220624_07

20220624_08

4「魚類の神経行動学」

池永隆徳先生(鹿児島大学法理学部准教授)

20220624_09

20220624_10

5「超音波を使った化学のモノづくり研究」

二井晋先生(鹿児島大学工学部教授)

20220624_13

写真下:超音波の作用を実感する生徒

20220624_11

20220624_12

6「豪雨時の斜面崩壊発生予測システムの開発」

酒匂一成先生(鹿児島大学工学部教授)

20220624_14

20220624_16

7「酵母が教えてくれること」

玉置尚德先生(鹿児島大学農学部教授)

20220624_18

20220624_17

8「動物の遺伝子操作とその応

有村卓朗先生(鹿児島大学共同獣医学部教授)

20220624_20

20220624_21

9「魚の行動解析を利用した次世代の創薬研究」

塩﨑一弘先生(鹿児島大学水産学部准教授)

20220624_22

20220624_25

写真下:塩﨑先生の研究に欠かせない「ゼブラフィッシュ」に見入る生徒

20220624_23

10「卓越したスポーツパフォーマンスの探究」

中本浩揮先生(鹿屋体育大学体育学部准教授)

20220624_27

20220624_28


どの講義でも、生徒たちはメモをとりながら熱心に耳を傾けていました。

写真下:どの生徒も真剣です。

20220624_01

ある生徒は、「どのお話も初めて聴くことばかりでとても興味深かったです。また、大学での学びの一端を知ることができました」と感想を述べてくれました。

生徒の皆さんは、今回の講義で学んだことを今後の課題研究や進路研究にいかしましょう。

貴重な講義をしていただいた先生方、ありがとうございました。

2022年6月20日 (月)

SSHの成果物について

本校のSSHに関する成果物をホームページにも掲載しています。

どうぞご覧ください。

甲南SSHの成果物 | 鹿児島県立 (pref.kagoshima.jp)

2022年5月11日 (水)

先輩に学ぶ! 〜SS探究Ⅰ 卒業生による講話〜

5月6日(金)、SS探究の一環で1年生を対象に、卒業生から課題研究に関する講話をしていただきました。

Photo

毎週金曜日7限、課題研究の基礎について学んでいる1年生ですが、先輩たちが高校時代に取り組んだ課題研究や経験を知り、今後どのようにいかすか考えることを目的としています。

今回講話を行なってくれたのは、九州大学工学部1年・小村貫将さんと関西大学環境都市工学部1年・川上花さんの二人(ともに73期)。リモートで1年生に講話してもらいました。


小村さんは、甲南生時代、「マップによる台湾人観光客のリピーター増大」というテーマで研究。これは甲南1年時に選出され参加した海外研修プログラム「学び台湾」での経験がもとになったとのこと。

鹿児島県に観光で来る外国人で最も多い台湾の方々に、リピーターになってもらうためにはどうしたらよいか。アンケートや実地調査を行い、実際にSNSを通して使える観光マップを自分で作成するなど、社会科学の観点で取り組んだ研究でした。

Photo_2


川上さんは甲南生時代、「酸化チタン光触媒による揮発性有機化合物の分解反応」というテーマで研究。「九州大学未来創成科学者育成プロジェクト(QFC-SP)」に応募・採用され、九州大学で専門的な機材を使って行なった実験や検証結果を披露。

テーマとした大気汚染物質の除去方法について、高校時代取り組んだことが大学進学につながり、今後も研究を続けると話してくれました。

Photo_3


2人は、的確な説明と見やすいスライドで、話してくれました。1年生は皆、メモを取りつつ食い入るように聴き入っていました。

Photo_4

2人は「課題研究は簡単には進まないし、失敗や苦労が多い。でもそれにめげず、まずはやってみて。何事もチャレンジすることが大切」と1年生にエールを送りました。

先輩の研究を聴いて、課題研究に対する意欲、情熱が高まったことと思います。1年生、期待しています!

貴重な講話をしてくださった、小村貫将さん、川上花さん、ありがとうございました!

2022年4月25日 (月)

SS探究オリエンテーション

SS探究Ⅰ(1年生)・SS探究Ⅱ(2年生)のオリエンテーションが行われました。

写真下:オリエンテーションの様子(1年生12日実施)

Dsc013951

(2年生,13日実施)

Img_5141

課題研究の際の注意点や、先輩方の研究紹介がありました。

1年生はこれから課題研究が始まります。疑問に思ったこと、興味のあること等研究していきましょう!

2年生は、これまでの研究をよりよいものにアップデートしていきましょう!

2022年3月24日 (木)

SSH課題研究発表会

3月22日(火)、SSH課題研究発表会が行われました。

2月に予定されていましたが、まん延防止等重点措置の影響により今回の実施となりました。

1・2年合同で行いました。

これまで研究してきたことのポスター発表と、各学年代表グループによるステージ発表でした。

写真下:発表会の様子

Dsc01180

Dsc01199

Dsc01183

Img_0457

「速く走るためにはどうすればよいか」、「食品ロスを改善!?廃棄される柚子を再利用した天然防止剤の立証」等多くの発表がありました。

真剣に説明しており、みんな興味をもって聞いていました。

ポスター発表を聞いた後は、goodjobカードでそれぞれが評価しました。

写真下:goodjobカード

Img_31911

今回の発表会をふまえ、研究をよりよいものにしていきましょう!

2021年12月10日 (金)

1年生屋久島研修〜最終日〜


最終日は、西部林道(世界自然遺産)で野生動物の調査をしました。

写真下:途中で立寄った大川(おおこ)の滝

99b2a0f3aa1f4f778477d8f83c876df9

Fb5821152a2e457fafb7566b3096f70e

写真下:世界自然遺産に住むお猿さん

50fb10fa5b9f44b7a27e0c1d1dd72c58

076595e9521844879c4088e0d1b24878
写真下:野生の動物を探そう

539d48cd9735440f9b5ec66092673071

B150fcaf393c470398963c06410f85c0
今日は、なかなか猿や鹿を見ることが出来ませんでしたが、

滅多に人の目に触れない生態こそが、本来野生の姿なのだそうです。

3日間の研修が、たくさんの方のご協力で無事終わりました。

心より感謝しています。

ありがとうございました!屋久島の皆さん!!

また来ます!!

写真下:現地ガイドの市川さんと

22fdb988dba34293800f4c35337b90ac

カテゴリ