05-2 大会出場の結果 Feed

2021年8月23日 (月)

全国の仲間と切磋琢磨 〜自然科学部、SSH生徒研究発表大会に参加〜

去る8月4日(水)、兵庫県神戸市の神戸国際展示場で「SSH生徒研究発表大会」が開催されました。
これは、全国のSSH指定校・実績校の自然科学部が日頃の研究成果を通して交流するもので、本校からは自然科学部・丹羽葵さん(2年)と田畑結衣さん(2年)が参加しました。

昨年度は新型コロナウイルス感染拡大防止のためオンライン開催でしたが、今年度は会場でポスター発表を行うことができました。

写真下:会場の様子

02

01

丹羽さんと田畑さんは、「離岸流の研究」をテーマに研究し、その成果をポスターを使って発表しました。
鹿児島をはじめ、全国の海岸で発生する水難事故の原因の一つとなっている離岸流について、独自のモデル実験を行い考察した結果を発表しました。

写真下:研究成果を発表する田畑さん(左)と丹羽さん

03

審査の結果、甲南高校自然科学部は「ポスター発表賞」を受賞しました。

(審査結果は文部科学省のホームページで確認することができます)

「令和3年度スーパーサイエンスハイスクール生徒研究発表会表彰校の決定について(文部科学省ホームページ)
https://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/2021/0820ssh.htm


丹羽さんと田畑さんは、全国の自然科学部の仲間たちと交流したり、発表を聴いたりと、大変充実した時間を過ごすことができたようです。

写真下:他校の発表に熱心に耳を傾ける丹羽さんと田畑さん

042人には今回の経験を通して、更なる高みを目指してほしいです。

2021年8月17日 (火)

科学の魅力を伝えます 〜自然科学部の校外活動〜

001

去る7月24日(土)〜25日(日)の2日間、鹿児島市立科学館にて「科学の祭典 鹿児島2021」が開催されました。
当日は新型コロナ感染症予防のために、事前参加申込をされた方のみが参加されました。

例年よりは参加者が少なかったとのことですが、それでも家族での参加が目立ちました。当日は27のブースが設営されました。

本校から、自然科学部の2年生3人及び物理担当教員3人(引率・指導)が参加し、「ペーパージャイロを飛ばそう!」というテーマでブースを開設。来場者と共に製作・実験を行いました。

写真下:子どもたちにアドバイスをする自然科学部の生徒

Kagaku_saiten2

写真下:今回準備した「ペーパージャイロ」

Kagaku_saiten5


紙を丸めてセロテープで固定しただけの円筒形の物体ですが、上手く投げると紙飛行機のように飛ばすことができます。来場した子どもたちだけでなく、保護者の皆さんも夢中で投げていました。

写真下:さあ、うまく飛ぶかな?

Kagaku_saiten1



ペーパージャイロの作り方や投げ方を分かりやすく説明してくれた自然科学部の生徒たち。

子どもから大人まで楽しい交流ができ、とても貴重な経験ができた2日間でした。

2021年8月12日 (木)

第45回全国高等学校総合文化祭出場~KBC


8月4日(水)、5日(木)に和歌山で開催された第45回全国高等学校総合文化祭に、本校KBC(放送部)3年の西田愛佳さんと吉野夏希さんが出場しました。

Dsc_00082

文化系部活動のインターハイといえる総文祭。昨年の高知大会は新型コロナウイルス感染防止のためメディア開催となったため、ライブでの開催は2年ぶりでした。

総文祭放送部門では、郷土の自然や文化を紹介する読みや作品を発表することになっています。

チーム鹿児島で臨んだ今大会、アナウンス部門出場3名の原稿テーマは「かごしま水族館」。赤ちゃんイルカの飼育についてや沈黙の海について紹介される中、本校の西田さんは、水族館で研究が進められているサツマハオリムシについて紹介しました。

朗読部門では、鹿児島出身の主人公の成長を描いた作品から肝となる場面を3つ抽出し、朗読部門出場3名で担当を決めて朗読。本校の吉野さんは鹿児島チームのトップバッターとして、鹿児島弁も交えつつ、緊張感のある部分を朗読しました。

写真下:発表中は発表者の様子等がスクリーンに映し出されます。16289081105764_2

発表後、他県の先生から、発表テーマや作品を揃えていたのが面白かったと評価していただき、とてもうれしかったようです。また、全国の放送部の仲間たちと交流したり、発表を視聴したりと、とても充実した時間を過ごせました。

今大会に出場するにあたって、取材協力をいただいたかごしま水族館の佐々木館長、出羽様、宮崎様、そして、読みのアドバイスをくださった朗読家で本校OGの浜本麗歌さん、本当にありがとうございました。

Dsc_00122

第68回NHK杯全国高校放送コンテスト出場

7月26日(月)と29日(木)、KBC(放送部)がNHK杯全国高校放送コンテストに出場しました。

出場した全部門で全国大会への出場権を獲得したものの、新型コロナウイルス感染防止のため、本年度はオンラインでの大会参加となりました。

7月26日に校内放送研究発表部門が開催され、KBCは「次に繋げる放送部活動マニュアル」というテーマで発表しました。その後、発表した学校と意見交換しあいました。

7月29日にはアナウンス、朗読、ラジオドキュメント、ラジオドラマ、テレビドキュメント、テレビドラマ部門の決勝を観覧しました。

また、ラジオドラマ部門で、本校の出品した「英子さん」が制作奨励賞を受賞しました

全国最高レベルの読みや番組作品に触れ、今後の活動への意欲を新たにできました。

Tripart_0002_burst20210729154652560

2021年7月24日 (土)

表彰式・壮行会

7月20日の終業式と合わせて、表彰式を実施しました。アリーナでの表彰も久しぶりでした。

写真下:池田校長から賞状を渡される生徒たち。

Photo_4

Photo_5


表彰された生徒は次の通りです。


【陸上競技部】

◯秩父宮賜杯第74回全国高等学校陸上競技対校選手権大会   南九州地区予選 (6/19)

男子400m 第5位 行船 宏哉(2年)

男子棒高跳 第4位 大内山 莉玖(1年)

女子棒高跳 第1位 大内山 朱莉(3年)

女子走高跳 第3位 広川 采矢子(2年)、第5位 今村 律佳(2年)

◯第76回鹿児島県陸上競技選手権大会(7/4)

男子ジュニアA 第1位 堀之内 陽なた(3年)

男子ジュニア400m 第1位 行船 宏哉 (2年)

女子棒高跳 第2位 大内山 朱莉(3年)

女子走高跳 第2位 広川 采矢子(2年)、第2位 今村 律佳(2年)

【将棋部】

◯第14回鹿児島県高等学校将棋選手権大会(5/16)

女子個人戦 準優勝 児玉 みやび(2年)

【空手道部】

◯令和3年度全九州高等学校体育大会空手道競技(7/11)

男子個人形 第3位 神田 海碧(3年)

【KBC】

◯第68回NHK杯全国高校放送コンテスト鹿児島県予選大会

創作テレビドラマ部門 最優秀賞(長野・鵜木)

ラジオドキュメント部門  優秀賞(藤宮・下村)

創作ラジオドラマ部門  優秀賞(吉峰・安藤)

校内放送研究活動部門 入賞(宮内)

アナウンス部門 優秀賞 西田 愛佳(3年)

朗読部門 優良賞 吉野 夏希(3年)

【書道部】

◯第49回南日本七夕書道展(7/4)

県書道会賞 津曲 真衣(3年)

南日本書道会賞   塩満 さくら(2年)

南日本芸術学園賞 諏訪 有美(3年)、居細工 知菜(2年)


【1学期クラスマッチ】

◯男子サッカー 第1位 3年8組

◯女子ドッジボール 第1位 3年3組 

◯男子バレーボール 第1位 3年4組

◯女子バレーボール 第1位 2年1組A

◯バドミントン 第1位 3年6組A

◯クイズ 第1位 3年1組A

◯総合順位 第1位 3年4組 第2位 3年8組 第3位 3年6組

【1学期 甲南100冊読破運動】

2年 伊瀬知 美央(累計突破冊数1100冊)

1年 大薄 千尋(累計突破冊数200冊)

3年 小川 梨瑠(累計突破冊数100冊)

2年 橋元 春香(累計突破冊数100冊)

2年 福留 宗久(累計突破冊数100冊)

1年 内村 元(累計突破冊数100冊)

1年 内 彩音(累計突破冊数100冊)

皆さん、おめでとうございます!

Photo_2

Photo_3


 表彰式に続いて、全国大会等出場者の壮行会を行いました。

出場する生徒は次の通りです。

【KBC】

第68回NHK杯全国高校放送コンテスト:代表 永田 桃子(3年)     

【陸上競技部】

インターハイ:行船 宏哉(2年)、大内山 莉玖 (1年)、大内山 朱莉(3年)、広川 采矢子 (2年)、今村 律佳(2年)

【水泳部】

インターハイ:山下 ひなた(3年)

【空手道部】

インターハイ:神田 海碧(3年)、林 美里(3年)

写真下:池田校長と安和留生徒会長が激励の言葉

Photo_6

Photo_7

写真下:応援団によるエール

Photo_8


全国大会等出場者を代表して大内山さんが挨拶。

写真下:「全力を尽くしてきます」と大内山さん。

Photo_9

合わせて、今年7月に和歌山県で開催される「第45回全国高等学校総合文化祭」に県代表として参加する生徒も紹介しました。

第45回全国高等学校総合文化祭(和歌山大会)出場

【KBC】西田 愛佳(3年)、吉野 夏希(3年)

【音楽部】 大山 永遠(3年)、東 茉優(3年)、森 夏鈴(3年)、辻 佑真(3年)、東久保 瑞月(3年)


全国大会に出場する皆さん、これまでの努力の成果を発揮してください。全校あげて応援しています!

2021年6月20日 (日)

続報、南九州大会〜陸上部〜

先日に引き続き、熊本県で開催中の陸上部、南九州大会結果の報告です。

昨日の大会3日目では、女子棒高跳びで3年の大内山朱莉さんが、3m30の記録で、見事優勝しました。

写真下:優勝した大内山朱莉さん(左)

D3b8eede764042b28fd8bb17cf7bdb55

真夏を思わせるような快晴のもと、大会最終日の今日も熱戦が展開されました。

このうち、女子走高跳には、甲南から3人が出場しました。その結果、広川采矢子さん(2年)が1m64で3位、今村律佳さん(2年)が、1m61で5位に入賞し、インターハイへの出場権を獲得しました。

写真下:表彰式で笑顔を見せる2人(左、広川さん、右、今村さん)

95a3c821d0884fefb95353ba9e5fdadc

この結果、5人の部員が7月下旬に福井県で開催予定の全国高校総体への出場権を獲得しました。

福井の地でも甲南旋風を巻き起こしてきます!応援よろしくお願いします。

2021年6月18日 (金)

インターハイ出場権獲得!〜陸上部〜

6月17日〜20日まで、陸上競技のインターハイ出場権をかけた南九州大会が、熊本県で開催されています。

甲南高校からは15人の選手が参加し、連日熱い戦いを繰り広げています。

大会初日の男子400mで5位に入賞した、行船宏哉君(2年)に続き、今日2日目は男子棒高跳で、大内山莉玖君(1年)が4位に入り、7月下旬から福井県で開催予定の全国高校総体への出場権を獲得しました。

写真下:表彰式で喜びのポーズを取る行船君(上)と大内山君(下)

4e4c6578e5b4411d8244cf95ceb7f5fb

B2a9b397998c489a807942a09dc3863b

大会は日曜日まで行われます。引き続き応援をお願いします。

2021年6月 9日 (水)

英語ディベート大会で甲南ESSが上位独占!

20210607_183005

5月22日に行われた

鹿児島県春季高校英語ディベート大会で

甲南ESSは出場した3チーム全てが入賞し,

1位から3位まで独占という快挙を成し遂げました!

高いレベルで英語力と論理的思考力を鍛えてきた成果といえるでしょう。

今後の活躍が更に楽しみです。

2020年12月28日 (月)

甲南文士が綴る珠玉の三編

県児童生徒作文コンクールに,本校各学年の生徒3名が特選を受賞しました。

このコンクールは,教育委員会・県作文教育研究会が主催する由緒あるコンクール。県下の各校各学年からそれぞれ1編のみが出品され,学年ごとに審査されます。

本校から選ばれた3名とも,特選の中でも最高位という快挙!

珠玉の三編をぜひご一読ください。(生徒作文集『かごしま』第63集 高等学校用より転載)

1年 新地夏樹さん「私の音へ」

r2_bunkago_konan1nen.pdfをダウンロード

2年 古井進之助くん「人々を魅了する透明感」

r2_bunkago_konan2nen.pdfをダウンロード

3年 野村朋生くん「オリオン座」

r2_bunkago_konan3nen.pdfをダウンロード

写真下:甲南三文士 左から古井くん,新地さん,野村くん

32be25d0ecab4e4ea453a8837890fa04

2020年12月21日 (月)

卓球部、九州大会で頑張りました!

12月19日(土)、20日(日)に大分県別府市で開催された第54回全九州高等学校新人卓球選手権大会に出場した卓球部。第2位となった希望が丘高校(福岡県)と対戦しました。残念ながら0-3で敗れましたが、強豪校を相手に臆することなく戦い、多くを学んで帰って来ました。

写真下:あと1ポイントでセットを奪えたのですが! 

Dsc_0209

写真下:いい勉強をしました!

Dsc_0199

次に向かって、頑張ってください!

カテゴリ