03-4 公開授業・教科研究会 Feed

2020年7月31日 (金)

課題研究の指導法に関する職員研修会

7月9日(木)、鹿児島大学大学院理工学研究科の大塚作一先生をお招きして、課題研究の指導法に関する職員研修が行われました。

3r6a0182

大塚先生からは、

・試行錯誤の連続となる課題研究には長い目で向き合うこと

・先入観や文系理系という枠を超えた思考が必要であること

・論文執筆や研究発表においては既存の方法に則ること

など、課題研究の進め方やその指導に関する資料、アドバイスを多くいただきました。

写真下:深い見識に基づくお話は、とても参考になりました。

3r6a0192

「憶える」ことに特化した生徒は「探す」ことを苦手としています。それを打ち破るためには、常に主体性を持って自分の目と頭で論理的に見聞きし考え「未知」を見つめる力を養わねばなりません。そのため、課題研究には当然時間を要します。

しかし、長い潜在期間を耐えることができれば、研究がぐんぐん進み始めます。いかにそれまで根気強く考え続けて待つことができるかが重要なのだと感じさせられました。

職員からは、議論での合意形成のために普段どのようなことに気をつけて指導するべきかといった質問がなされました。

生徒の課題研究を職員間で協力し指導していくための基本姿勢について理解できました。

大塚先生、ありがとうございました。

2020年5月22日 (金)

研究授業(美術)

5月14日(木)の5限目に,パワーアップ研修の一環として芸術科の上原教諭が美術の研究授業を行いました。

 

まず,「絵の具の組成を知る」ということで,絵の具に使われている「顔料」や「展色材」の実物に触れ,素材の特性を理解します。

 

写真下:実物を見る生徒たち。興味津々です。

P2030613

P2030616

そして,スケッチブックに彩色の練習をします。今回は「ウォッシュ」「バックラン」「ドライブラシ」「ウェットインウェット」の透明水彩の代表的な彩色法を学びました。

 

写真下:上原教諭のデモンストレーション(手元を画面に映し出しています)を見て,それぞれチャレンジ!

P2030620

生徒たちは彩色法を習得し、大変集中した様子で取り組んでいました。

P2030624

P2030622

P2030623

今回学んだ彩色法を活かして,今後は校内の風景画の制作を始めるそうです。

完成が楽しみですね。

2020年3月24日 (火)

職員研修 3/18.19

3月18日・19日に職員の校内研修を行いました。


18日は、「カリキュラム・マネジメント(教育課程の編成、実施、評価、改善の計画的組織的実践、教育の質の向上)」、新年度から導入の「キャリア・パスポート(生徒それぞれの学びの記録)」、そして、学習指導の在り方等について研修を行いました。

まず、県総合教育センター教科教育研修課課長の甲斐修先生に「自走する生徒の育成~なぜ授業改善か、どう授業改善か~」の演題で講話をしていただきました。

3r6a8658

続いて、講話の内容を踏まえ、「自走する生徒を育成する」上での本校教育活動における課題確認とその課題をどう解決するかについて、教科の枠を越えてグループで討議しました。

写真下:熱く意見が交わされました。

3r6a8662

3r6a8669


19日は、新年度導入予定のインターネットを使ったコニュニケーションツールについて研修を行いました。

3r6a8682

このツールの「探究活動・課外活動」や「学習サポート」、「保護者連絡等」の機能を活用して、生徒・保護者・学校間の教育に関する連携向上を図ります。

担当者の説明を聞きながら使い方を学びました。どの職員もはじめは慣れないようでしたが、徐々にスムーズな操作が行えるようになりました。

3r6a8688

2020年1月30日 (木)

研究授業 ~LHR~

1月27日(月)4限目2年5組において、国語科・三原由麻教諭が初任校研修の一環でLHRの研究授業を実施しました。

陸奥賢氏(観光家/コモンズデザイナー/社会実験者)考案の「まわしよみ新聞」を参考に、「今、2年5組のみんなに伝えたい!」というテーマで授業をしました。生徒たちは真剣に新聞に向き合っていました。

写真下:グループごとに新聞をまわしよみ。

Photo_2

Photo_3

次に、気になる記事を各自プレゼンします。

写真下:記事に対する着眼点がみんな違っておもしろいです。

Photo_4

Photo_5

最後に、トップ記事を決めてグループごとに新聞をつくりました。

写真下:グループごとに作った新聞を発表する様子。

Photo

生徒たちはグループで協働して新聞を作成したことで、今後、より積極的に新聞を手に取ってみようと前向きになりました。

2020年1月11日 (土)

研究授業

1月10日(金)、本校地歴公民科の大城教諭が研究授業を行いました。

授業は「総合的な探究の時間」

3r6a7176

現在1年生は、課題研究を進めています。今回の研究授業は、課題研究の「研究テーマの現状とリサーチクエスチョンについてプレゼンし、研究を深める」ことを主題に展開されました。

研究内容を相手に簡潔に伝え、意見をもらったり知識を共有することで研究を深化させることを目的としています。

生徒たちはペアになり、自分の研究の現状や方向性について資料を提示しながら2分間でプレゼン。その後2分間質疑応答。それをペアを変えながら3セット行いました。

生徒たちは、回を重ねるごとに的確に相手に伝えられるようになり、また質疑応答も活発になっていきました。

写真下:資料を提示しながらプレゼン。伝える側、聴く側、どちらも真剣です。

3r6a7182

3r6a7180

写真下:「プレゼンテーションは経験を積むほどに上達し、うまく伝えられるようになる」と大城教諭。

3r6a7192

今回授業が行われた学級含め、1年生は研究が佳境に入っています。2月7日には、その研究成果を披露する発表会を予定しています。

2019年11月 1日 (金)

「地域が育む『かごしまの教育』県民週間」が始まりました

01

本日11月1日から11月7日まで学校開放を行っています。

詳細は、下記案内、または10月31日付ブログ記事および公式ホームページをご覧ください。

保護者用案内(一般用含む)2019_gakkoukaihou_annai.pdfをダウンロード

2019年10月31日 (木)

「地域が育む『かごしまの教育』県民週間」に伴う学校開放について

Photo

鹿児島県教育委員会では、保護者・地域住民への開かれた学校づくりを目指して、例年、学校開放週間を設定しています。本校では、下記の要領で学校開放を行います。

すでに保護者向けに案内文書を生徒便で配布しています。同窓会の皆さんや一般の方についてもこの案内文書に準じますので、ご希望の方はご覧ください。

保護者用案内 2019_gakkoukaihou_annai.pdfをダウンロード


<県民週間に伴う学校開放 概要>

⒈期間 令和元年11月1日(金)、11月5日(火)~7日(木)の4日間 ※ただし、11月1日(金)は午前中のみ

⒉受付 来校される場合は、正面玄関の事務室窓口で受付をお願いします。 

⒊内容

⑴授業公開(全学年)

11月1日(金)・5日(火)~7日(木)
・2~4校時 9:35~12:25(1日のみ9:35~12:05)

・5~6校時 13:25~15:15

⑵施設案内(校舎、赤﨑勇先生記念碑、体育館、甲南クラブハウスなど)

5日(火)~7日(木)13:30正面玄関前集合(案内時間13:30~14:10)

⑶その他
・校内食堂利用 1日 11:25~12:05  5日~7日 11:45~12:25

・本校に駐車場はありません。公共の交通機関をご利用ください。

2019年5月28日 (火)

英語科で研究授業を行いました。 5/27

5月27日(月)1限目、パワーアップ研修(10年目研修)の一環で、英語科の松山教諭が研究授業を行いました。2年生のクラスで、「コミュニケーション英語Ⅱ」の授業でした。


今回のテーマは「運動会」。

はじめにPair Work(ペアワーク)。スライドに映し出された運動会の種目について、相手に英語で説明しました。

3r6a1974

続いて、教科書の本時で扱うページの新出単語を確認した後、Retelling(リテリング:教科書の内容を自分の言葉で言い換える)を行いました。

Group Workでは、「海外の学校で取り入れたい新しい種目」を考えて英語で発表しました。

写真下:うまく相手に伝えることができたかな。

3r6a1986

3r6a1987

写真下:机間巡視しながらアドバイスを送る松山教諭。

3r6a1993

松山教諭の研究成果と生徒たちの活発な活動を見ることができた授業でした。

2019年5月22日 (水)

保健体育科と芸術科で研究授業を行いました。

5月21日(火)、本校職員2人が研究授業を行いました。


2限目、フレッシュ研修(初任校研修)の一環で、芸術科の堀之内教諭が音楽の研究授業を行いました。

1年生のクラスで、題材名は「歌う喜びを味わうカンツォーネ」。

教材に用いられたのはナポリ民謡「サンタ ルチア」。歌詞の内容等を理解して、カンツォーネ特有の発声法で生徒たちは歌うことができていました。

写真下:ピアノの伴奏に合わせて歌う生徒たち

3r6a1760

写真下:カンツォーネの表現の特徴を説明する堀之内教諭

3r6a1769


6限目は、パワーアップ研修(10年目研修)の一環で、保健体育科の上村教諭が研究授業を行いました。

2年生のクラスで、題材は「球技 バレーボール」

単元の4時間目にあたる今回は、アンダーハンドパスを中心に学習。生徒たちは手首にテーピングの目印をつけてボールを当てる位置を意識したり、膝と腰の的確な動きをとって、正しいアンダーハンドパスの身につけていました。

写真下:パスのポイントを説明する上村教諭

3r6a1780

写真下:ラリーを続けるゲームを通して、正しいパスを身につけました。

3r6a1790

どちらの授業も、各教諭の研究成果と生徒のいきいきした表情を見ることができました。

2018年11月 7日 (水)

未来を拓く!アクティブラーニング研究員による公開授業 ~数学科~

11月5日(月)に公開授業がありました。

授業者は福永公樹教諭(AL研究員) で、対象クラスは1年7組でした。

ユークリッドの互除法を発展させた “油分け算(和算)” も題材に取り入れた授業を展開しました。

実社会に結びついた内容に生徒も興味をもったようです。

数学的な発想や思考力の向上にきっとつながったことでしょう!!

小学校、中学校、高等学校各校種の先生方が参加され、その後の授業研究では活発な意見交換がなされました。

最後に、県総合教育センターの水迫慎也研究主事から “式と図の本質を確認することの大切さ” などの指導助言がありました。

写真下:ペア学習の様子

20181105_143106

写真下:真剣に考えています。

20181105_142300

カテゴリ