02-4 W-KIプロジェクト Feed

2018年6月23日 (土)

生徒海外派遣事業「学び台湾」4期生 保護者説明会

6月21日、生徒海外派遣事業「学び台湾」4期生の保護者説明会が行われました。

5月に行われたセレクションの結果、4期生15人(男子4人、女子11人)が選出されました。今回は保護者にも出席いただき、9月の台湾研修に向けた具体的な説明を行いました。

写真下:「ここからが本当のスタート。皆さんの頑張りに期待しています」と激励する西橋校長。

Img_2701

写真下:ひとりずつ紹介される15人。引き締まった表情です。

Img_2707

写真下:スライドを使って行程を説明。

Img_2711

写真下:真剣な表情で資料を確認。

Img_2721すでに学び台湾メンバー15人は9月の台湾研修に向けて準備を進めています。彼らの取り組みについては随時お伝えします。

9月の出発前には2回目の説明会、そして多大なご支援をいただいている同窓会の方をお迎えしての壮行会を実施する予定です。

2018年6月17日 (日)

「自分」をもっと引きだそう! ~W-KI 表現力研修~

甲南高校では、W-KI(総合的な学習の時間)プログラムの一つとして「表現力研修」を実施しています。

これは、生徒たちの様々な能力を引き出し、高校・大学・社会とあらゆる場面で必要となる自己表現力を高めるためのプログラムで1・2年生全員を対象としています。4年目となる今年度も、6月13日・15日の2日間、ご指導いただきました。

写真下:講師の瞳まりあ先生。

Img_2433

瞳まりあ先生は鹿児島市出身で、宝塚歌劇団月組で娘役としてご活躍された方です。2001年にマリアミュージカルアカデミーを開校されて以来、コンサート出演や演出家、振付家、ナレーション、ワークショップ、音読指導等幅広くご活躍です。本校で指導していただくのは4年目になります。

Img_2499

表現力研修は、堅苦しいものではなく楽しいゲーム形式。体全体を使ってコミュニケーションをとったり、ジェスチャーで表現したり、紐や新聞紙を何かに見立ててパフォーマンスします。

Img_2484

その中で、相手への思いやりや気づかいといった人として大切なものにも気付くことも目的としています。

はじめは、恥ずかしがっている生徒たちも徐々に表情が緩んで思い切ったパフォーマンスができるようになってきました。

Img_2498

Img_2501

まりあ先生が常に生徒たちに言った言葉、「人の目を気にしない」「この空間の雰囲気を作るのはみんな自身」。真剣に楽しむことで、空間によい流れがうまれ、この研修が終わる頃には生徒たちの持つ可能性がどんどん弾け出していました。

Img_2504

Img_2508

この表現力研修は、秋にもう一度行われます。成長した姿を瞳まりあ先生にお見せできるように日々笑顔で過ごしていきましょう。

2018年6月 8日 (金)

ワッゼ!!甲南イノベーション(Wazze Konan Innovation Project)  ~総合的な学習の時間~

本日のW-KI活動(総合的な学習の時間)の様子です。

【1年生】

“人口問題に起因する諸問題の解決”をテーマに、各班ごとの研究テーマとリサーチクェスチョンを決めました。

Img_2865写真①: 集めた情報をみんなで共有しています。

【2年生】

修学旅行前で進路研究を行いました。

P1020792写真②: 職場訪問先の業務内容を確認し、質問事項を考えています。

【3年生】

Masterpieceの作成に入りました。

P1020808写真③: レジュメ作成上の注意点を確認しています。

P1020815写真④: 担当教諭から研究内容の質問を受けています。

2018年2月13日 (火)

W-KI高大連携 ~新聞形式発表~

本校における総合的な学習の時間「W-KI」(ワッゼ 甲南イノベーション)で、1年生は2学期後半から個人研究に取り組み新聞形式のレポートとしてまとめてきました。その研究発表を2月9日(金)のW-KIの時間に行いました。

この日は、高大連携の一環として鹿児島大学の先生方、そして南日本新聞の方々にも来校いただき評価・指導をしていただきました。

写真下:新聞形式にまとめられた研究。

Img_3201

写真下:2月11日付の南日本新聞紙面上で紹介していただきました。

Img_20180213_0001

生徒たちは「鹿児島の人口減少」をテーマに「食」「ビジネス」「環境」「観光」の4つの領域で研究。B4紙1枚にまとめ、それを生徒同士発表し合い、感想や改善点などを用紙に書いて互いに交換します。1年生全員が発表する機会を得られるので「他者に自分の考えを伝える」訓練にもなります。

写真下:生徒同士で議論を行います。

Img_3195

写真下:大学の先生やプロの記者に講評いただける貴重な機会。

Img_3200

写真下:1年の全教室を使って行われました。各部屋とも熱気であふれました。

Img_3210

写真下:友人の発表を熱心に読み込みます。

Img_3208

今年度「観光」領域で研究を行った生徒は「自分オリジナル旅行プラン」か「観光に関する課題研究」をテーマにしました。これはオリジナルの旅行プランを提案する「学生がつくる鹿児島県の着地型旅行プランコンペ」への応募を考えてのことです。前回のコンペでは本校生徒が考えた旅行プランが見事最優秀賞を受賞しました(2017年3月14日付の記事に掲載)。


同時間、別室では、学び台湾3グループ(15人)が1月の高校生国際シンポジウムでポスター発表したものを鹿児島大学院の松永千紗さんにみていただきました。各グループとも松永さんから的確なアドバイスをいただきました。

写真下:「高校での学びが必ず将来にいきてくる」と松永さん。

Img_3219

Img_3228

Img_3205


鹿児島大学、南日本新聞社の皆さん、ありがとうございました!

2017年12月12日 (火)

快挙! グランプリ受賞~日本トイレひと大賞~

本校3年の谷口智海さんが「第2回日本トイレひと大賞」で最高賞のグランプリを受賞しました。

写真下:グランプリ受賞の谷口さん。

001

「日本トイレひと大賞」は、トイレ環境や排せつに関して社会が抱える課題に取り組む人を表彰するものです。

谷口さんは総合的な学習の時間「W-KI」で「災害時のトイレ不足」というテーマで課題研究に取り組んできました。日本と海外のトイレ事情の違いや熊本地震でのトイレ不足を知ったことが、このテーマに取り組むきっかけだったそうです。

アンケートをとったり各自治体の震災対策を調査するなど地道な努力を続けた成果が出たことを谷口さんはとても喜んでいました。

写真下:今年2月に行われた高校生国際シンポジウムで研究成果を発表する谷口さん。

002_2

昨年度のイギリス研修のメンバーにも選ばれ、より見識を深めた谷口さん。これからの飛躍が楽しみな甲南生の一人です。

2017年11月28日 (火)

W-KIプロジェクト 中間発表会 ~2年生高大連携~

11月24日(金) 7限目の時間に鹿児島大学の先生方をお招きして、2年生の『W-KIプロジェクト』中間発表会を実施しました。W-KIプロジェクトは高大連携の一環になります。

各グループに割り当てられた発表の時間は限られていましたが、要点をまとめ、的確に伝える良い練習の機会になったようです。

下画像:グループ発表の様子

02

03

04

05

06

準備した研究内容をグループごとに発表します。

鹿児島大学の先生方から鋭い質問や的確なアドバイスがありました。

勉強になりますね。

下画像:他のグループの発表を聴く生徒の様子

07_2

08_2

09_2

10_3

仲間の発表を真剣に聴いていました。時間が短いということもありましたが、なかなか質問がでてこない様子でした。

発表もそうですが、実は聴くことも練習が必要だということですね。質疑応答は発表者にとっても『内容が深まる大事な時間』です。日頃から質問ができるような聴き方を身につけて欲しいと思います。

また、発表後には各グループに対して、個人個人で評価を書きます。これを励みにするとともに、研究内容をより良いものに仕上げるヒントにして欲しいと思います。

2017年11月11日 (土)

くすぐれ!知識欲!!~ブラッシュアップセミナー~

今年も2年生を対象に「ブラッシュアップセミナー」が開催されました。

この行事は、甲南高校に大学の先生方をお招きし、生徒たちに向けて「ひとつ上の講義をしていただくイベント」です。今年は「10大学・15名の先生方」にお越しいただき、魅力ある講義を60~80分間していただきました。

下写真:開会のあいさつ

Photo

下写真:「アプリの元祖:万能チューリング・マシン」

Photo_2

下写真:「ものづくりと環境保護の両立」

Photo_3

下写真:「恋愛から学ぶ経営戦略論」

Photo_4

下写真:「医療に役立つ材料―バイオマテリアル―」

Photo_5

下写真:「メカトロニクスと福祉工学」

Photo_6

下写真:「社会福祉に関する講義」

Photo_7

下写真:「抗体医薬と癌治療」

Photo_8

下写真:「結婚と法」

Photo_9

下写真:「エレクトロニクスの世界」

Photo_10

下写真:「痛みと脳科学」

Photo_11

下写真:「社会心理学入門」

Photo_12

下写真:「錦江湾深海底の生き物たち」

Photo_13

下写真:「宿主を乗っ取り,支配する ~寄生生物学入門~」

Photo_14

下写真:「グローバル化の功罪」

Photo_15

生徒たちは前半・後半で入れ替わり、1人につき2つの講義を聴きました。自分の行きたい大学や、興味のある学問について聴くことができ、とても充実した時間になったようです。また、「大学での学び」についてもイメージが湧いたようで、自分の将来を考えるきっかけにもなったようです。

余談ですが、各会場の生徒たちが自分たちで「先生をお迎えし、会を進行し、お礼を述べ、お見送りをする」姿がとても頼もしく見えました。とても自然な振る舞いに、関心させられました。さすが甲南生です!

2017年10月30日 (月)

白熱!研究発表~W-KIポスター発表会~

W-KI(総合的な学習の時間)において、1学年は「人口問題に起因する鹿児島の諸問題~食・観光・ビジネス・環境の視点から~」をテーマに、各クラス「食」・「観光」・「ビジネス」・「環境」についてそれぞれ2班ずつ、計8つのグループに分かれ、5月から課題研究に取り組んできました。

その集大成となる課題研究ポスター発表会を10月27日、鹿児島大学から7名の先生を講師としてお招きし開催しました。

写真下:体育館に64グループすべてのポスターが掲示されました。

00

各グループ、農業や水産業、焼酎や郷土料理、労働環境、空き家や離島など様々な観点から充実した研究をポスターにまとめ、6分間ずつ発表を行いました。その後は9分間の質疑応答を設定しましたが、時間が不足するほど活発な意見交換や質問が行われ、大変すばらしい発表会となりました。

写真下:ポスターには、グラフを用いたり色を使ったりと見やすい工夫が。

01

11

02

04

08

10

15

写真下:特に魅力的な内容のポスターには人だかり。

09

写真下:鹿児島大学の先生方から丁寧なご指導をいただきました。

06

05

07

講師としていらっしゃった鹿児島大学の先生方からは、

・ 大変意欲のあるポスターであるが、図や文字の効果を使い分けた「見せる」ことを意識したポスターを作製した方がよい。

・ 解決したい課題をしっかり意識できたか。解決すべき課題を明確に。

・ 調べた結果報告になっているものもある。調査結果をもとに問題の解決策を提案する研究を。

・ 説明者ははっきりとわかりやすく丁寧に話をしていてよかった。

・ 質問者も自分の考えを持ち、それを提示しながら質問していて感心した。

など、多くの助言や評価をいただきました。

写真下:2人の先生から総評をいただきました。

14

16


1年生は11月からは個人の研究になります。助言やグループ研究の反省を生かし、さらに良い課題研究になることを期待します。

お忙しい中、本校にお越しくださった鹿児島大学の先生方、ご指導ありがとうございました。

2017年8月 4日 (金)

オックスフォード大学院生等のスタディツアー(最終日)

スタディツアーの最終日(8月2日)は、プレゼンテーションの見本として、大学院生等7人が自分の研究について英語でプレゼンテーションしてくれました。日本に関する研究がほとんどで生徒はメモをとりながら真剣な表情で聞き入っていました。

それぞれのプレゼンテーションの後は活発な質疑応答が行われました。甲南生も鋭い質問をして、大学院生等から「それは素晴らしい指摘だ」といったコメントもいただきました。

生徒からは「至福の時間でした。英語をもっと勉強しようと強く思いました。」「貴重なアドバイスをもらって勉強になりました。課題研究にしっかり取り組んでいきます!」といった感想が聞かれました。

この3日間は生徒たちにとって得がたい貴重な経験となりました。オックスフォード大学院生、東京大学の学生、一般社団法人Glocal Academy の岡本尚也さん、本当にありがとうございました。

日本に関する興味深い研究のプレゼンテーション

P1020159

メモをとりながら・・・

P1020150

疑問点は理解できるまで質問!P1020156

オックスフォード大学院生等のスタディツアー(2日目)

2日目(8月1日)は以下のようなスケジュールで研修が行われました。

【午前】 大学院生等によるプレゼンテーション(自国紹介)+質疑応答

【午後】 「学びにUK」3期生候補者(2年生)による課題研究概要発表(各グループで実施)+質疑応答

大学院生等の自国紹介に、生徒からは「どの国の紹介もとても興味深く、7カ国を旅行したような気持ちになった。楽しかった!」という感想が聞かれました。

一方、午後の課題研究概要発表では、必死に英語で研究の目的や内容、計画等を伝えていました。

大学院生等からはアドバイスだけでなく、「甲南生の課題研究に対する熱意に驚いた!」「同じ研究テーマが一つもないことが素晴らしい!」などの激励の言葉をもらいました。

生徒たちは「緊張したけど、自分のやりたいことを伝えられてよかった。貴重な助言をもらえて大変参考になった。」と充実した様子でした。

ジェスチャーも使って必死に説明

P1930089

生徒も大学院生も真剣そのもの

P1930084

カテゴリ