10-2 校内風景 Feed

2016年12月27日 (火)

北門の工事、その後

12月21日の記事で、北門の工事の様子をお伝えしました。その後も工事は順調に進んでいます。

写真下:コンクリート製の土台が完成。

1_3

写真下:分厚い土台です。

2_3施工業者の方にお聞きしたところ、重い門扉をしっかり支え、安定させるためにはこれくらいの厚みが必要なのだそうです。

完成が楽しみです。

2016年12月26日 (月)

年の瀬の風景 ~門松~

今年も正門に門松が飾られました。門松は社会福祉法人「ゆうかり学園」の皆さんが作ってくださったそうです。毎年、ありがとうございます。

写真下:竹と縄で竹の枠を作り、そこへ砂を詰めます。

1_2写真下:葉牡丹等で手際よく飾り付けていきます。

2_2

写真下:立派な門松が完成!

4_2

3_2写真下:道行く人が眺めていきます。

5

写真撮影をしていたら、近所のお年寄りから「今年も立派な門松ができましたね」と声をかけられました。毎年楽しみにしてくださっているとのことです。

門松が街中に見られるようになると、いよいよ年越しという感じですね。

2016年12月24日 (土)

デコレーションカー

校内に何本もイチョウの木があり、季節ごとに変わる葉っぱの色が私達を楽しませてくれます。

が、しかしこの時期、先生達は車の駐車場所に気をつけた方がよさそうです・・・。

02

2016年12月 8日 (木)

季節の花

落葉の季節ですが、校内にはこの季節に花を咲かせる植物もあります。

この花は?

P1010817椿?山茶花(サザンカ)?・・・・・。答えは山茶花です。どこに咲いているか探してみてください。

こんな花もありました。何の花かわかりますか?

P1010821この花は、山茶花の花のすぐそばにあります。樹木全体を見れば何の花かはすぐわかると思います。時には、ふだん見過ごしがちな校内の樹木の様子にも目を向けてみましょう。意外な発見があるかもしれません。

2016年12月 7日 (水)

最近の朝の風景

落葉の季節、昨日お伝えした「散り敷く銀杏の葉」だけではなく、校内は「落ち葉」の量が半端ではありません。落ち葉はそれなりに風情がありますが、環境美化の観点から処理しています。

昼の清掃時間には生徒たちが全力で落ち葉を集めていますが、清掃時間だけでは処理しきれません。

登校した生徒の中には、寒い中、朝課外が始まるまでの間に自主的に銀杏の葉を掃き集めてくれる生徒達がいます。主に、野球部と陸上部の生徒たちが大活躍してくれています。

いつもありがとう!

P1010810

P1010812その姿を目にした生徒の中には、教室に向かう途中、鞄を下ろして手伝っている人もいます。

甲南では日常の風景ですが、これも、甲南高校の秋(初冬)の風物詩の一つだと思います。よき伝統です。生徒の皆さん、ありがとうございます。

2016年12月 6日 (火)

今朝の甲南の小径

 

早朝からの風で、金色に色づいた銀杏の葉が甲南の小径に散り敷いていました。朝課外へ急ぐ生徒の皆さんのいつもの登校風景ですが、何かしら季節の香りが漂っていました。

P1010781

P1010800_4とは言え、まだこんなに葉が残っています。しばらくはこの風景が続きそうです。

 

2016年9月28日 (水)

ポチの家!?

校舎改修工事は終了し、校舎周辺部の整備を残すのみになりました。

これまでの工事用の囲いが取り払われて今まで隠れていたものが姿を現しています。

下は校庭側の校長室前に突如現れた謎の小屋です。

Photo_3ある職員曰く「昔、甲南で飼っていた犬の家では!」

長年勤務している職員も初めて気づいたとか!?

真相はいかに?

Photo_4実は、校長室前の池への配水管を隠しているもののようです。

2016年9月11日 (日)

綿花の「花」

7月26日、8月16日とブログにて綿花のことをお伝えしました。あれから3週間・・・。

改めて綿花を見てみると、かわいらしい白い花が咲いていました。

1これが本当の綿花の「花」なんですね。

さらに翌日見てみると、

2閉じかけた花びらがうすくピンクがかっていました。

管理されている家庭科の先生によると、しぼむにつれて赤みがかっていくとのことでした。

2016年8月31日 (水)

色付くイチョウ

まだまだ暑い日が続きますが、少しずつ秋の訪れを感じます。

そのひとつが校内のイチョウ。青々としていたイチョウの葉や実が徐々に色付いています(5月15日付の記事と合わせてご覧ください)。

Photo

写真下:北校舎脇のイチョウ並木。

Photo_2

Photo_3

Photo_4

Photo_5

改修の終わったドームが青空に映えますね。

2016年8月16日 (火)

その後の綿花・・・

7月26日付の記事で綿花のことをお伝えしてから、約3週間が経ちました。その後どうなったか見に行ってみると・・・。

1

写真下:開裂して、白い綿花が姿を現しています。

2

写真下:触ってみるとフワフワしています。

3

写真下:まだ開裂していないつぼみ(?)もあります。不思議な形ですね。

4

調べてみると、つぼみにみえるこれ、実際は「実」だそうです。花は別にちゃんと咲くとのこと(かわいらしい花です)。

管理している家庭科の先生によると、今授業で衣類分野を扱っていて、生徒達に天然素材の実物を見せるために育てているのだそうです。

カテゴリ