02-2 同窓会海外派遣「学びにUK」 Feed

2020年8月 5日 (水)

キックスタートセミナー2日目

昨日8月3日から行われている「学びにUK」第6期生のキックスタートセミナー。

その2日目。2年「学びにUK」32人が、他校のALTの皆さん6人と交流を行いました。

本日の活動は二つ。一つは、昨日行った活動(5か国の課題点と三つのSDGsを関連付け、解決策を考える)で作成したポスターを、英語で発表するというものでした。

Photo_3

Photo_4


二つ目は、生徒たちが4月から取り組んでいる課題研究を、三つのグループに分かれ、1人ずつ英語でスライドを用いて発表するというものでした。

Photo

Photo_2

5分で発表したあとは、質疑応答でALTから質問があり、その場で一生懸命英語で答えました。

2日間にわたり行ったキックスタートセミナー。どの生徒も楽しんでいる様子でした。また新たな課題点も見つかりました。これから頑張っていきましょう。

ALTの皆さん、ご指導ありがとうございました!

2020年8月 3日 (月)

キックスタートセミナー開催!

8/3(月),4(火)の2日間にわたって,「学びにUK」第6期生のキックスタートセミナーが開催されています。本校のALTのダン先生をはじめ,県内の県立高校で働いていらっしゃる5名のALTの方々もお越しくださり,生徒たちにアドバイスをくださいます。

1日目の今日は,アフガニスタン・パキスタン・バングラディッシュ・ミャンマー・スーダンの5班に分かれて,SDGsの項目を見ながらそれぞれの国々で達成されていない課題を3点挙げ,その解決策を割り当てられた予算内で考えるという課題にチャレンジしました。

Horizon_0001_burst20200803132120522

写真上:班ごとに話し合って問題点と解決策をまとめています。

Dsc_1259

写真上:付箋をうまく活用中。

Dsc_1264

写真上:発表に向けてポスターを書いています。ALTの先生からもアドバイスが。

生徒たちははじめは苦戦していたようですが,スマホやタブレットなどを駆使して様々な問題点を調べるうちに,ごみ問題や難民問題,宗教上の理由にや紛争の影響から来るジェンダーの問題,飢餓の問題など,今まで自分たちが知らなかった課題が見えてきたようでした。

ある生徒は,「英語でディスカッションやコミュニケーションがたくさんできて勉強になった。一つの国のことを調べるうちに人権等の様々な問題があることを,こんなチャンスがなければ知ることができなかったと思う。」と話していました。また,予算を念頭に解決策を考えねばならないという点も難しかったようです。またある生徒は,「そもそもが貧しい国なので,限られた予算をいかに問題解決のために使うかが本当に難しいです。責任も大きいと感じます。」と述べていました。

今日の取組の内容はポスターにして,明日11時から英語で発表予定です。

明日も楽しんで頑張れUK6期生!

2020年7月29日 (水)

「学びにUK」研究計画発表会

7/27(月),28(火)の2日間にわたって,「学びにUK」第6期生の研究計画発表会がありました。第6期生32人は自分の研究について,その意義や研究計画を発表し,アドバイスを受けました。

Dsc_1251

写真上:パワーポイントを使って説明する生徒

Dsc_1247

写真上:アドバイスを受ける生徒

第6期生の研究テーマは高齢者の介護・健康の問題や外国人労働者,ハラスメントの問題,食料や環境の問題など様々。1学期の間,コツコツと調査・分析を重ね,一生懸命に研究計画を練ってきました。ある生徒は「プレゼンの準備を自分では十分にしてきたつもりだったけど,アドバイスを受けて,抑揚をつけて話したりデータの見せ方を工夫したりすることも大切だと気づけました。次のプレゼンに生かしていきたいです。」と述べていました。

今回の発表会を経て,自分の研究計画を更に見つめ直してよりよい研究にしていく予定です。現在は研究の見直しに加え,来週開催される「甲南キックスタートセミナー」に向けて英語での資料作りに取り組んでいます。

研究の道はまだまだ険しいですが,乗り越えていく楽しさもあるはず。頑張ってください!!

2020年7月17日 (金)

2学年「学びにUK(6期生)」第1回高大連携指導助言

 本校では同窓会のご支援による生徒海外派遣事業として,例年2学年の生徒をイギリス研修「学びにUK」を実施しています。本年度は32名の生徒が,その第6期生として課題研究に取り組んでいます。

 7/10(金),鹿児島大学から5名の先生をお招きしてUK6期生の研究計画に対する指導助言をいただきました。

 生徒たちはグループに分かれ,事前に準備した研究計画書に基づいて研究の目的・計画を発表しました。その後,大学の先生から研究や調査方法についてのアドバイスをいただいたり,課題研究での悩みや疑問を相談したりしていました。

Dscn2626

写真上:これまでの研究内容を発表。

 鹿児島大学の先生方からは生徒一人一人に対する丁寧な助言を頂くことができました。今日の助言を受けて,生徒たちは更に自分の計画を練り直し,夏休みにフィールドワークや実験に取り組むことになります。

 一つの課題について学び続け,考え続けることは非常に大変なことです。この経験はきっと未来に活きるはずです。試行錯誤を重ねつつ,自分の研究に思う存分取り組んでください!

2020年2月12日 (水)

SGH国内研修(和歌山大学グループ)2日目

2月7日(金)、SGH国内研修(和歌山大学グループ)2日目。

はじめに、和歌山大学の学生の皆さんによる活動発表を聴講しました。生徒たちは、積極的に質問をして意見交換していました。

その後、甲南生が研究発表。8人全員が大学生や大学の先生に向けて、約1年間取り組んできた研究成果をプレゼンしました。

各生徒の研究タイトルは次のとおりです。


⒈「規格外の農作物の有効活用法」(女子生徒)

⒉「食に関する多様なサービスを利用して高齢者の食習慣を改善できるか」(男子生徒)

⒊「集合住宅における省エネへの意識向上」(女子生徒)

⒋「粉末状のモリンガの界面活性剤除去について」(女子生徒)

⒌「鹿児島市の災害時におけるペット受け入れのための避難所について」(女子生徒)

⒍「鍋を利用した蒸留水の効率的な確保について」(女子生徒)

⒎「鹿児島県長島町における藻場衰退の状況と対策」(女子生徒)

⒏「鹿児島市におけるペットボトル回収箱の改良でリサイクルへつなげる」(女子生徒)


写真下:少し緊張していますが、頑張っています。

3

4

全員、プレゼンが終わった後、大学生からアドバイスをいただきました。

写真下:プレゼンが終わった安堵感からか、大学生との会話が弾みました。

2

1

2日間の研修は、生徒にとって大変充実したものとなりました。大学生や大学の先生と話をしたり、キャンパス見学を通して生徒自身の大学進学への意識や目的がより明確になったことでしょう。お疲れ様でした。

和歌山大学の皆さん、ありがとうございました!

2020年2月 7日 (金)

SGH国内研修(和歌山大学グループ)1日目

2月6・7日の2日間の日程で行う学びにUK「和歌山大学グループ」。

6日朝、鹿児島空港から空路和歌山県へ向かいました。

写真下:団長の宮内玲花さんが挨拶。

Img_1128

写真下:学年主任の小掠教諭が激励。

Img_1132

Img_1126

和歌山でいろいろなことを学んできてください!

2020年2月 6日 (木)

SGH国内研修(和歌山大学グループ)出発!

6日(木)~7日(金)までの2日間,和歌山大学でSGH国内研修で行う生徒8人が,出発を前に校長室を訪れました。

写真下: 校長の激励を受ける8人

P1090470

リーダーの宮内玲花さんが「これまでの研究の成果を発揮し,充実した研修にしてきます」と決意を述べました。

P1090484

充実した2日間になるよう頑張って来てください!

2020年2月 5日 (水)

SGH国内研修(広島大学グループ)2日目

2月4日(火)、2年生SGH「学びにUK」国内研修2日目、広島大学での研修を行いました。

写真下:早朝、広島大学到着。

Img_0525

本研修は、例年、広島大学大学院国際協力研究科にお世話になっています。ここで教鞭を執られている力石真先生には、「大学レベル講義」の講師として毎年甲南高校に来ていただいています。

写真下:国際協力研究科の中。留学生が多いこともあり、世界各都市の時刻が表示されています。

Img_0531


留学生の皆さんと対面。早速、自己紹介や互いの文化紹介などのセッションが始まりました。

写真下:すぐに打ち解けることができました!

Img_0542

互いの国の文化紹介が済んだら、グループ全員で協力してポスターにまとめました。そして発表。

Img_0562

Img_0573

午前中の最後のセッション。Varun Varghese先生からの講義。タイトルは「Artificial Intelligence for Transportation」

Img_0582


昼休み、甲南の卒業生で現在広島大学に通う3人の先輩が後輩たちを訪ねてきてくれました。

写真下:ありがとうございます!元気そうな様子で良かったです!

Img_0589


午後からは、甲南生がこの1年間研究してきたことをグループメンバーに英語で発表。1年間取り組んできた成果について、留学生の皆さんからアドバイスをいただきました。

Img_0595

その後、各グループから1人代表を選び全体に向けて発表、質疑応答を行いました。

Img_0636

下は、今回の広島研修に参加した19人の研究テーマです。

⒈「男女で育児協力をするためには青年期にどのような教育や意識の持ち方が必要か」(女子生徒)

⒉「LGBTの学生と心の性に合った制服の着用について」(女子生徒)

⒊「SGH指定校の鹿児島県立甲南高等学校における生徒の積極的挙手の促進とその限界」(女子生徒)

⒋「制度と意識によって改善される女性労働者の働き方」(女子生徒)

⒌「社会保障の観点から見たフードバンクについて」(男子生徒)

⒍「天文館のポイ捨て問題について」(女子生徒)

⒎「座り続けて勉強することについて」(女子生徒)

⒏「災害大国ニッポンから防災大市カゴシマシを生み出す」(女子生徒)

⒐「高校生に向けた間食についての教育の提案」(女子生徒)

⒑「認知症と認知症カフェの認知度を上げるためには」(男子生徒)

⒒「地球温暖化状況における快適な学習」(男子生徒)

⒓「高校生でも可能な不要物の処理に関する提案」(女子生徒)

⒔「途上国の教育支援につなげる留学生支援」(男子生徒)

⒕「鹿児島市における公共交通網(路線バス)のバリアフリー化に関する提言」(男子生徒)

⒖「高校生の睡眠負債を解決するためにはどうすればよいか」(男子生徒)

⒗「認知症教育で高校生の認知症への関心を高めることはできるか」(女子生徒)

⒘「中学生からの意識付けによる食品ロス削減方法」(女子生徒)

⒙「自動給水機によるコケ緑化の促進」(女子生徒)

⒚「鹿児島市における廃校の利用について」(女子生徒)


力石先生はじめ、学生の皆さんのおかげで充実の研修となりました。ありがとうございました!

写真下:皆さん、お世話になりました。

Img_0646

2020年2月 3日 (月)

SGH国内研修(広島大学グループ)、出発!

2年生SGH「学びにUK」グループは、3月に出発する海外(イギリス)研修と国内研修に分かれています。

その国内研修は、広島大学と和歌山大学に協力をいただいて両大学で研修の機会を設けています。


2月3日朝、「広島大学グループ」19人が2日間の日程で研修に出発しました。

19人は、これまで取り組んできた課題研究の研究成果を大学の先生や学生の皆さんにプレゼンします。ディスカッションを行い、アドバイスをいただく予定です。

早朝の鹿児島中央駅で出発式を行いました。見送りに西橋校長、立森教頭はじめ5人の職員が駆けつけました。西橋校長が19人に激励の言葉を送った後、団長の岩切紗来さんが力強く抱負を述べました。

Img_0007_2

広島でいろいろなことを学んできてください!

「和歌山大学グループ」8人は2月6日(木)に出発予定です。

2020年1月26日 (日)

「学びにUK」6期生 保護者説明会

1月22日(水)に「学びにUK5期生」の壮行会を行いましたがその翌日、1月23日(木)の夕方、同じく二甲記念館にて「学びにUK6期生」についての保護者説明会を実施しました。

これは現1年生を対象にしたもので、80人の生徒とその保護者が出席しました。

3r6a7715

担当の堀切教諭がスライドを使いながら、海外研修の概要を説明しました。

写真下:会場内には、生徒保護者の期待感があふれていました。

3r6a7717

また、昨年3月にUK4期生としてイギリス研修を行った宮下彩寧さんと出石琴美さんが登壇。2人が、「学びにUK」を通して学んだことや大変だったことを自分の言葉で1年生に話してくれました。

写真下:2人とも口を揃えて「絶対にチャレンジした方がいい!こんなチャンスはないです!」

3r6a7733

堀切教諭や先輩たちの話を聞いて、生徒や保護者の皆さんはワクワクした様子でした。

説明と合わせて、このプログラムに志願するためのエントリーシートが配付されました。このエントリーシート、仕上げるのは結構大変ですが、ぜひとも熱い思いをぶつけてください。

1人でも多くの1年生がチャレンジしてくれることを期待しています!

カテゴリ