« 「学びにUK」1期生が帰鹿しました。 | メイン | 16日(水)合格発表当日のお願い »

2016年3月13日 (日)

作品寄贈式を開催していただきました

Bonjour!

 遅くなりましたが,3年生の皆さん卒業おめでとうございます。何事も健康第一。元気にこれからの道を歩んでください。そして,「学びにUK」1期生15名,お疲れ様でした。多くのことを肌で感じ学んだことでしょう。ぜひこれからの人生にいかしてください。


 昨年,私はフランスの田舎町グレー・シュル・ロワンに滞在して風景画を描きました(2015年11月8日付のパリだよりに書きました)。その時の作品をグレーに寄贈することになり,寄贈式を3月12日に開催していただきました。

写真下:気持ち良い快晴に恵まれました

20160313

この日,グレーの市長,助役はじめ地元の皆さん,お世話になったオテル・シュヴィヨンの館長さんなど多くの方にご臨席いただきました。

皆さんの前で作品についての解説,そしてグレーに対する思いをお話ししました。さすがにフランス語では無理なので,モアンヌ前田恵美子さん(甲南高校卒業生)に翻訳していただきました。

写真下:多くの方が来てくださいました

20160313_2

写真下:グレーの市長さんと

S__2080783

20160313_3

写真下:いただいた寄贈証明書と記念メダル

20160313_4

フランス語で書かれた証明書,ずっしりと重いメダル。一生の宝物です。

20160313_5

作品はグレーの役場に飾られます。フランスに自分の作品が残るということは,大変光栄なことです。これまで鹿児島からの留学生10名が私と同じように作品を残しています。黒田清輝以来続くグレーと鹿児島の縁,これからも続いてほしいです。

写真下:この日はパリも久しぶりに終日快晴

20160313_6

20160313_7

夕方,寒さが和らいだこともあり,街にはたくさんの人が出歩いていました。

写真下:セーヌ川沿いでそれぞれの時間を過ごす

20160313_8

20160313_9

写真下:夕暮れ迫るパリ

2016031310

写真下:橋の上から夕陽を眺める人々

2016031311

肌寒さの中にも春の匂いを感じられるようになりました。長かった留学も本当にあと少し。「いよいよ帰国かあ」というさみしい気持ち以上に,部屋の片付けでゆううつになっています・・・。

À bientôt!(また近いうちに!)

カテゴリ