02-0 SGH Feed

2018年6月23日 (土)

生徒海外派遣事業「学び台湾」4期生 保護者説明会

6月21日、生徒海外派遣事業「学び台湾」4期生の保護者説明会が行われました。

5月に行われたセレクションの結果、4期生15人(男子4人、女子11人)が選出されました。今回は保護者にも出席いただき、9月の台湾研修に向けた具体的な説明を行いました。

写真下:「ここからが本当のスタート。皆さんの頑張りに期待しています」と激励する西橋校長。

Img_2701

写真下:ひとりずつ紹介される15人。引き締まった表情です。

Img_2707

写真下:スライドを使って行程を説明。

Img_2711

写真下:真剣な表情で資料を確認。

Img_2721すでに学び台湾メンバー15人は9月の台湾研修に向けて準備を進めています。彼らの取り組みについては随時お伝えします。

9月の出発前には2回目の説明会、そして多大なご支援をいただいている同窓会の方をお迎えしての壮行会を実施する予定です。

2018年6月17日 (日)

「自分」をもっと引きだそう! ~W-KI 表現力研修~

甲南高校では、W-KI(総合的な学習の時間)プログラムの一つとして「表現力研修」を実施しています。

これは、生徒たちの様々な能力を引き出し、高校・大学・社会とあらゆる場面で必要となる自己表現力を高めるためのプログラムで1・2年生全員を対象としています。4年目となる今年度も、6月13日・15日の2日間、ご指導いただきました。

写真下:講師の瞳まりあ先生。

Img_2433

瞳まりあ先生は鹿児島市出身で、宝塚歌劇団月組で娘役としてご活躍された方です。2001年にマリアミュージカルアカデミーを開校されて以来、コンサート出演や演出家、振付家、ナレーション、ワークショップ、音読指導等幅広くご活躍です。本校で指導していただくのは4年目になります。

Img_2499

表現力研修は、堅苦しいものではなく楽しいゲーム形式。体全体を使ってコミュニケーションをとったり、ジェスチャーで表現したり、紐や新聞紙を何かに見立ててパフォーマンスします。

Img_2484

その中で、相手への思いやりや気づかいといった人として大切なものにも気付くことも目的としています。

はじめは、恥ずかしがっている生徒たちも徐々に表情が緩んで思い切ったパフォーマンスができるようになってきました。

Img_2498

Img_2501

まりあ先生が常に生徒たちに言った言葉、「人の目を気にしない」「この空間の雰囲気を作るのはみんな自身」。真剣に楽しむことで、空間によい流れがうまれ、この研修が終わる頃には生徒たちの持つ可能性がどんどん弾け出していました。

Img_2504

Img_2508

この表現力研修は、秋にもう一度行われます。成長した姿を瞳まりあ先生にお見せできるように日々笑顔で過ごしていきましょう。

2018年6月 8日 (金)

ワッゼ!!甲南イノベーション(Wazze Konan Innovation Project)  ~総合的な学習の時間~

本日のW-KI活動(総合的な学習の時間)の様子です。

【1年生】

“人口問題に起因する諸問題の解決”をテーマに、各班ごとの研究テーマとリサーチクェスチョンを決めました。

Img_2865写真①: 集めた情報をみんなで共有しています。

【2年生】

修学旅行前で進路研究を行いました。

P1020792写真②: 職場訪問先の業務内容を確認し、質問事項を考えています。

【3年生】

Masterpieceの作成に入りました。

P1020808写真③: レジュメ作成上の注意点を確認しています。

P1020815写真④: 担当教諭から研究内容の質問を受けています。

2018年5月24日 (木)

SGH 職員研修   ~5月24日(木)~

5月24日、「スーパーグローバルハイスクールと課題研究」というテーマで校内の職員研修を行いました。

今年度甲南に赴任した職員へのSGH事業の解説や、生徒への指導における共通理解を図ることを目的としています。

1

写真下:担当職員がスライドを使いながら説明2

写真下:生徒用教材「課題研究メソッド」を使いながらの研修

3

甲南高校は、県内唯一のスーパーグローバルハイスクール(SGH)として文部科学省の指定を受けています。

“地球規模でものを考え行動するグローバルリーダーの育成” を目標に、同窓会や外部講師の方々のご支援・ご協力もいただきながら、今後も、本校職員一丸となって生徒の課題研究指導や海外派遣事業に取り組んでまいります。

2018年3月14日 (水)

「学びにUK」3期生~楽しい報告~

「学びにUK」3期生15人が、3月13日(火)の昼食時、校長室で11日間の“楽しい”を報告しました。

Rimg0243

代表して、団長である2年4組の樋口君が、同窓会からの支援や学校の配慮等について、感謝の気持ちを述べた後、今後に向けての抱負を述べました。

Rimg0242

校長室の生徒たち


Rimg0248

前日の夜9時に鹿児島空港に到着した3期生ですが、疲れた表情一つ見せず元気です。

さすがに若い!!(引率の川上教頭&太田教諭もなんとか、元気そうでしたが…)

Rimg0252

わずかの間に見違えるように頼もしくなった生徒たちでした。

かの学問の府オックスフォード大学やケンブリッジ大学を訪問し、かの英国で「課題研究」を英語で堂々とプレゼンできたからでしょうか。

表情や言動の一つ一つに自信がみなぎっているように感じられました。

中には、ホストファミリーとの別れに思わず ナミダ を見せた?男子生徒もいたとか・・・・・・・。

Rimg0247

引率の太田教諭(写真上)

みなさん、お疲れさまでした。ご報告ありがとうございました。

しかし!英国に行くことがゴールではありません。これからが本当のスタートです。

また、この海外研修で得たものを、甲南の仲間にもしっかりと伝え広めてほしい!!

大いに期待しています!(校長談)

2018年3月13日 (火)

「学びにUK」3期生、帰国(続き)

昨夜帰国した「学びにUK」3期生。今朝はみんな元気に登校していました。時差ボケは大丈夫だったでしょうか。


昨夜の様子をもう少しお伝えします。午後8時半頃から出迎えのご家族が空港へ続々と。

イギリスのヒースロー空港から羽田空港を経由して午後9時に鹿児島空港到着。

Img_1237

Img_1242

生徒たちが見えました!

Img_1243

預けた荷物を取った生徒たちが到着口から出てきました。おかえりなさい!みんな大きな荷物です。

Img_1257

早速、解団式を行いました。原之園校長がメンバーにねぎらいの言葉を送りました。

Img_1275

続いて、メンバーを代表して副団長の末永琳子さんが挨拶。

「多くの方に支えられて、とても充実した研修を行うことができました。自分たちの研究をイギリスの大学生にしっかりプレゼンテーションすることができた反面、課題研究、英語とすべてにおいて自分たちはまだまだ勉強が足りないことを痛感させられました。これからもっともっと学んでいきたいです」

Img_1266

最後に、引率の太田教諭が総括。太田教諭の話では、イギリスでは職員の力をまったく借りずに高校生や大学生たちと交流し議論したとのこと。成長した姿を見ることができてよかったと感極まった様子でした。

Img_1298

「学びにUK」はこれで終わりではなく、自分の研究をまとめた論文の執筆に入ります。今回の経験をこれからの人生の糧にしてください。

同窓会はじめ、「学びにUK」3期生にご支援くださったすべての方にお礼申しげます。ありがとうございました!

写真下:出迎えた家族と一緒に。

Img_1292

2018年3月12日 (月)

おかえりなさい!!!「学びにUK」3期生、元気に帰鹿

Img_1282

3月2日に出発した生徒海外派遣「学びにUK」3期生15人と引率職員2人が、すべての研修を終えて本日午後9時鹿児島空港着の飛行機で帰ってきました!

長時間のフライトで少し疲れた様子ですがみんな元気です。多くの保護者・職員が出迎えました。

出迎えの様子は、また明日お伝えします。

15人のUKメンバー、今夜はゆっくり休んでください。明日また学校で会いましょう。

引率の太田教諭・川上教頭もお疲れ様でした!

写真下:家族と共に家路に。おみやげ話をたくさんしてください。

Img_1312

「学びにUK」~報告⑩~

引率の太田と川上です。研修もいよいよ最後になりました。

集合場所にホストファミリーに送っていただき、別れを惜しみました。ホストファミリーの方々には本当にお世話になり感謝の言葉もありません。ありがとうございました。

【別れが辛くて…】

Dsc_0637

【See you again soon!】

Dsc_0646

最終日はロンドン郊外の映画「ハリーポッター」のスタジオを見学しました。

【映画のワンシーンに挑戦!】

Dsc_0735

続いて、ウィンザー城を見学しました。当日は女王の滞在を意味する女王旗が掲げられており、生徒たちも大感激でした。英国王室の歴史と伝統を学び大いに刺激を受けていました。

【女王滞在を示す女王旗】

Dsc_0783

【女王だけが通ることを許される門の前で】

Dsc_0777

その後、ヒースロー空港に移動して帰国の途につきました。

【帰りたくない?「涙」のポーズ?】

Dsc_0812

これで現地からの報告は最後となりました。

多くの方々のご協力により、本当に充実した研修となりました。本当にありがとうございました。

研修をとおして、生徒たちは一人一人がかけがえのない経験をしたと思います。このことを今後の生活に活かして「地球規模で考え行動するリーダー」になってくれることを確信し、報告を終わります。

2018年3月11日 (日)

「学びにUK」~報告⑨~3/11

引率の太田&川上です。

今日(現地の3/10)は、これまでお世話になったホストファミリーと過ごす日です。それぞれの計画で楽しい時間を過ごしていると思います。

研修の拠点となった Enfield の街を少し紹介します。ロンドンの中心から電車で50分ほどの静かな街です。

【Study Centre:ここから毎日バスで研修に出かけました】

Dsc_0004_2

【着いた日は大雪でした】

Dsc_0081_2

【中心の商店街】

Dsc_0123_2

これまでの研修報告で紹介できなかった生徒たちの「充実の瞬間」を紹介します!

【ホストマザーの出迎え】

Photo

【David 先生の授業】

Photo_2

Photo_9

Photo_3

【プレゼンの練習】

Photo_4

Photo_5

【オックスフォード大学研修】

Photo_6

Photo_7

Photo_8

Photo_10

Photo_12

Photo_14

【カンタベリー】

Photo_11

【Mill Hill International での楽しい昼食】

Photo_13

充実した研修も残り1日です。明日はウィンザー城等の見学をして、そのまま帰国の途につきます。それではまた。

2018年3月10日 (土)

「学びにUK」~報告⑧その2~3/10

引き続き研修8日目の報告です。

午後は Mill Hill International の生徒たちと交流しました。

玄関を入ると早速驚きが! 昨年度の英国研修で引率をされた秋元先生の書が飾ってありました!

【秋元先生に英国で再会した気持ちになりました!】

Dsc_0105

Dsc_0106

すぐに Dinning Room での昼食。生徒たちは自然に Mill Hill International の生徒と交流していました。お互い打ち解けるのに時間はかかりません!

【英国伝統の Fish & Chips】

Dsc_0114

【みんな生き生きした表情です!】

Dsc_0124

Dsc_0125

Dsc_0128

Dsc_0132

Dsc_0139

午後の授業では、甲南生が午前中と同じプレゼンテーションを行いました。生徒たちはリラックスした表情で、時折ジョークを交えながら質疑応答にも英語でしっかり答えていました。英語でのプレゼンテーションもかなり上手くなりました!

【地震の脅威に対する準備について】

Dsc_0152

【甲南高校の紹介】

Dsc_0173

最後に感謝の意を込めて、糸繰君が鹿児島の伝統楽器である天吹(てんぷく)の演奏を、末永さんが書道の腕前を披露してくれました。二人のパフォーマンスに Cool!  Wonderful! などの感嘆の声が聞かれました。

【高く澄んだ音が魅了しました】

Dsc_0197

【Mill Hill International の生徒も興味津々】

Dsc_0211

【書のプレゼントに大喜び!】

Dsc_0214

終始和やかな雰囲気の中での研修となりました。生徒たちは時間も忘れて生徒たちと交流を深め、別れを惜しみながら帰途につきました。

【We are all friends!】

Dsc_0216

甲南生のために時間を作っていただき、細やかな配慮をいただいた Mill Hill International の職員・生徒の皆さん、本当にありがとうございました!

カテゴリ